連結決算の手順をイメージで解説



  TOP / 連結決算の手順

連結事前調査の実施

連結決算書の作成は、内部取引の消去、内部利益の除去といった連結消去仕訳をきることがメインの作業となりますが、このメインの作業を円滑にすすめるためにはあらかじめ準備作業を行うことが必要です。その準備作業のひとつがこの連結事前調査です。

連結事前調査とは、主に連結子会社の連結に関する次のような基本情報を収集し整理しておくことをいいます。事前調査を行うことにより、おおよその作業時間の目安を立てたり、連結作業に必要な資料をリストアップし連結子会社に通知したり、開示に関する一連の締切日に適合する連結決算スケジュールを立てることが可能となります。

なお、連結事前調査は連結初年度だけではなく翌年度以降も実施し、随時情報のアップデートを行います。


  • 子会社に対する投資時期
  • 子会社に対する投資額
  • 子会社に対する持ち株比率等の資本関係
  • 子会社との取引形態
  • 子会社との債権債務の状況
  • 子会社の過年度の未実現損益



連結決算の手順

  1. 連結事前調査
  2. 連結会計方針の決定
  3. 連結資料の収集
  4. 連結決算書の作成
  5. 連結注記の作成




当サイトについてリンクについてお問い合わせ
Copyright (C) 2008-2016 連結決算の手順をイメージで解説 All rights reserved.

会計学を学ぼう!FSREADINGキャッシュフロー計算書連結納税税効果会計複式簿記決算書テンプレート
資産負債純資産収益費用貸借対照表損益計算書税理士試験会社設立