連結決算の手順をイメージで解説



  TOP / 連結決算の手順

連結会計方針の決定

親会社と子会社の決算書を合算する前に、次のような連結会計方針について選択が必要なものは選択をするなど、あらかじめ連結会計方針を明らかにしておきます。

その上で、連結会計方針と親会社または子会社の個別決算上の会計処理が異なる場合には、連結消去仕訳にて連結会計方針に従った場合の会計処理に修正を行います。連結会計方針は、連結注記事項として連結財務諸表にて開示されます。





会計処理基準一覧


  1. 重要な有価証券の評価基準及び評価方法
  2. 重要な減価償却資産の減価償却の方法
  3. 重要な引当金の計上基準
  4. 重要な外貨建て資産及び負債の換算基準
  5. 重要なリース取引の処理方法
  6. 重要なヘッジ会計の方法
  7. その他連結決算書作成のために重要な事項



連結決算の手順

  1. 連結事前調査
  2. 連結会計方針の決定
  3. 連結資料の収集
  4. 連結決算書の作成
  5. 連結注記の作成




当サイトについてリンクについてお問い合わせ
(C) 2008 連結決算の手順をイメージで解説 All rights reserved.

会計学を学ぼう!FSREADINGキャッシュフロー計算書連結納税税効果会計複式簿記決算書テンプレート
資産負債純資産収益費用貸借対照表損益計算書税理士試験会社設立