連結決算の手順をイメージで解説



  TOP / 連結決算の手順

連結資料の収集の実施

親会社と子会社の決算書を合算する前に、
あらかじめ下記のような連結決算書を作成するために必要な資料を収集しておきます。


  • 個別ベースの貸借対照表
  • 個別ベースの損益計算書
  • 個別ベースの株主資本等変動計算書
  • その他科目内訳、増減明細

実務上これらの連結資料の収集は、親会社が作成した所定の様式(連結Package)に基づき、
子会社からの単体決算のデータの提出という流れによって行われます。




連結決算の手順

  1. 連結事前調査
  2. 連結会計方針の決定
  3. 連結資料の収集
  4. 連結決算書の作成
  5. 連結注記の作成




当サイトについてリンクについてお問い合わせ
(C) 2008 連結決算の手順をイメージで解説 All rights reserved.

会計学を学ぼう!FSREADINGキャッシュフロー計算書連結納税税効果会計複式簿記決算書テンプレート
資産負債純資産収益費用貸借対照表損益計算書税理士試験会社設立