連結決算の手順をイメージで解説



  TOP

子会社の決算日が親会社決算日と異なる場合の連結決算日

子会社の決算日が連結決算日(親会社の決算日)と異なる場合には、原則として子会社は、連結決算日に正規の決算に準ずる合理的な手続により決算を行わなければなりません。

ただし、子会社の決算日と連結決算日の差異が3 か月を超えない場合には、子会社の正規の決算に基づいて連結決算を行うことができます。その場合に生ずる連結会社間の取引に係る会計記録の重要な不一致については、調整を行うことが必要です。





当サイトについてリンクについてお問い合わせ
(C) 2008 連結決算の手順をイメージで解説 All rights reserved.

会計学を学ぼう!FSREADINGキャッシュフロー計算書連結納税税効果会計複式簿記決算書テンプレート
資産負債純資産収益費用貸借対照表損益計算書税理士試験会社設立