連結決算の手順をイメージで解説



  TOP / 連結決算の手順 / 連結消去仕訳

連結消去仕訳

  1. 個別決算書の修正
  2. 投資と資本の相殺消去(資本連結)
  3. 債権債務の相殺消去
  4. 内部取引の相殺消去
  5. 未実現損益の消去
  6. 持分法の適用


内部取引の相殺消去とは

内部取引とは、支配従属関係のある親会社子会社、又は子会社同士といった支配従属関係のあるグループ内で行われた商品の販売又は役務の提供等の取引をいいます。

これら内部取引は、法律的にはそれぞれ独立した会社相互間の取引であるため個別決算書の損益計算書においてはそれぞれの会社で売上高と売上原価を計上されるべきものとなります。

しかし、これら連結会社相互間の取引高は、連結適用会社を単一の組織体としてみた場合は単なる内部取引であるため、親会社が支配従属関係にある2以上の会社からなる企業集団を単一の組織体とみなして企業集団全体の財政状態及び経営成績を総合的に報告するための連結決算書の作成にあたっては除外される必要があります。

そこでこれら内部取引を連結決算書作成上相殺消去し、双方で取引はなかったものとします。その際の連結消去仕訳は以下のとおりとなります。


(売上) ××× (仕入)×××



内部取引の相殺消去の具体例

親会社P社が支配従属関係のある子会社S社に対して商品100を掛けで販売した。その際、P社、S社は個別決算上次のように会計処理を行なっている。なお、連結決算日現在代金の決済は未済みである。この場合の連結消去仕訳(内部取引の相殺消去、債権債務の相殺消去)はどうなるでしょうか?


P社

売掛金 100 売上高 100

S社

仕入高 100 買掛金 100


解答はページ下部にあります。




解答:(内部取引の消去)売上高100/仕入高100、(債権債務の相殺消去)買掛金100/売掛金100



当サイトについてリンクについてお問い合わせ
Copyright (C) 2008-2016 連結決算の手順をイメージで解説 All rights reserved.

会計学を学ぼう!FSREADINGキャッシュフロー計算書連結納税税効果会計複式簿記決算書テンプレート
資産負債純資産収益費用貸借対照表損益計算書税理士試験会社設立