連結決算の手順をイメージで解説



  TOP / 連結会計ソフト

連結会計ソフトとは:目次

  1. 連結会計ソフト
  2. 連結会計ソフトの利点
  3. 連結会計ソフト一覧


連結会計ソフトとは

連結会計ソフトとは、その名のとおり連結決算書を作成するソフトウエアで、連結合算仕訳連結修正仕訳などをシステム上で行い、複数の連結グループ会社の決算データの一元管理のサポート等を行なってくれるものです。









連結会計ソフトと個別会計システムとの違い

連結会計ソフトはあくまでも連結グループ内の決算書の合算、連結修正等を行なうことを目的としているため、連結会計ソフトには弥生会計や勘定奉行といったいわゆる一般の会計ソフトのように個別企業ごとの元帳や決算書を作成する機能そのものはありません。

したがって連結会計ソフトを導入する場合には必ず会計ソフトを別に導入し、その会計ソフトにより作成した決算データを基礎として連結会計ソフト上で連結決算書の作成を行なうこととなります。




連結会計ソフトの仕組み

連結会計ソフトの簡単な仕組みとしては、連結対象会社それぞれが作成した個別の貸借対照表及び損益計算書等の財務データを連結会計ソフトにデータ転送、もしくはCVS形式等で取り込み、その取り込んだ財務データを連結会計ソフト上で一元管理し、連結消去仕訳等の連結処理を連結会計ソフトの中で自動もしくは手動で行っていくというものです。

したがって、個別企業の単体決算書までを作成する通常の経理業務は連結会計ソフトでは行うことができないため、前述のとおり、日常の経理業務や決算業務を行うための会計システムを連結会計ソフトとは別に個別企業ごと導入しておく必要があります。

なお、連結会計ソフトは連結決算業務を行う親会社のみで導入すればよく、連結子会社側で導入する必要はありません。




連結会計ソフト 連結会計ソフトの利点 連結会計ソフト一覧



当サイトについてリンクについてお問い合わせ
(C) 2008 連結決算の手順をイメージで解説 All rights reserved.

会計学を学ぼう!FSREADINGキャッシュフロー計算書連結納税税効果会計複式簿記決算書テンプレート
資産負債純資産収益費用貸借対照表損益計算書税理士試験会社設立